トップメッセージ

ご挨拶

私たちは IoT (Internet of Things )や CPS (Cyber-Physical System) の進展により近未来社会では快適で便利な生活を手にいれられると思われます。

その社会実現には、すべてのモノがインターネットに相互接続され、多くの有益な情報やサービスを瞬時に提供する必要があります。

すなわち、社会インフラ、自動車、個人端末、家電製品、さらには、人々を支援するロボットに至るまで、いつでもどこでも相互に情報交換できることが求められます。
これらを実現する組込みシステムは、組込みソフトウェアと呼ばれる一種のソフトウェアが重要な役割をしており、組込みソフトウェアの更なる活用と進化が、未来社会を実現すると言っても過言ではありません。

2020年にはIoTを支える組込みシステムは現在の5倍になる250億個と予想され、サービス投資に至っては現在の4倍にあたる2500億ドル以上の市場規模と予測されています。

組込みシステムは、組込みソフトウェアと呼ばれるソフトウェアにより機能実現されており、組込みソフトウェアの更なる活用と進化が未来社会を実現します。
人々が利便性を享受するために、組込みソフトウェアに対する期待は甚大です。
我々は、モノがつながることによる新たなセキュリティ脅威に準備しなくてはなりません。

当社は安全、安心、そして持続可能な社会を実現するために、必要な要素技術を必要なときに必要なだけ提供できる活動をすすめて参ります。

代表取締役社長 服部 博行

企業理念

人々の生活を社会情報技術で革新します。
新たな社会情報技術を提供し、
安全かつ持続可能な革新的生活の実現を支援します。

スローガン

環境や人に優しい持続可能社会の実現に向け、革新的技術の導入を試み、
世の中で活躍できる技術集団を目指します。
私たちは適正な利益を確保し、企業・社員がともに発展する礎を構築します。
常に技術を進化を捕らえ、より良い社会の実現に貢献します。
情報技術を次世代のイノベーション実現に活用します。

株式会社ヴィッツ

© WITZ Co.,Ltd.