トップメッセージ

ご挨拶

私たちは、IoT (Internet of Things)や CPS (Cyber-Physical System) の進展により、近未来ではより快適で便利な生活を手にいれられると思われます。

そうした社会の実現には、すべてのモノがインターネットに相互接続され、多くの有益な情報やサービスが瞬時に提供される必要があります。すなわち、社会インフラ、自動車、個人端末、家電製品、さらには、人々を支援するロボットに至るまで、いつでもどこでも相互に情報交換できることが求められるのです。

これらを実現するシステムには、組込みソフトウェアが重要な役割を果たしており、その更なる活用と進化が、未来社会を実現すると言っても過言ではありません。

2020年にはIoTを支える組込みシステムは現在の5倍、250億個にもなると予想されており、それらへのサービス投資に至っては、現在の4倍にあたる2500億ドル以上の市場規模に拡大すると予測されています。

人々が利便性を享受するために、組込みソフトウェアに対する期待は高まっています。一方で、我々は、モノがつながることによる新たなセキュリティ脅威にも対応していかなくてはなりません。

当社は安全、安心、そして持続可能な未来社会を実現するために、必要な要素技術を必要なときに必要なだけ提供できる活動をすすめてまいります。

代表取締役社長 服部 博行

弊社は創業以来、常に半歩先の技術で人々の生活を豊かにするよう努力してまいりました。
その基本は、「ヴィッツ基本理念」とCSR方針「情報技術の活用により、人々の豊かな社会生活を持続的に維持・実現するための活動方針」としてまとめております。

(2017年11月策定)

企業理念
「ヴィッツ基本理念」

1. 情報技術を高度化し、より良い社会の実現と人々の豊かな生活の実現に貢献します。
2. 先進的技術の導入と革新的技術の創造を試み、世界で活躍できる技術集団を目指します。
3. 顧客の要望するサービスを提供し、適正な利益を確保することで、企業・社員がともに発展する礎を構築します。
4. ビジネスパートナーとの良好な関係の構築と適正な利益を享受する機会を提供し、信頼される企業であり続けます。
5. 情報技術の活用により、新たな革新的社会サービスの創出に寄与します。

CSR方針
「情報技術の活用により、人々の豊かな社会生活を持続的に維持・実現するための活動方針」

<お客様に向けて>
1. 私たちは、技術の進化を明確にとらえ、常に半歩先の技術を提供し顧客企業の更なる発展に寄与します。
2. 私たちは、開発する製品の品質と技術情報管理に注意を払い、適切な管理をします。
3. 私たちは、法令を順守し事業活動に関わる個人情報保護の徹底に努めます。

<従業員に向けて>
1. 私たちは、常に日常業務における創意工夫に努め、努力を怠らず、効率的な仕事を目指すことで勤務時間の削減を図り、ワークライフ・バランスの実現を目指します。
2. 私たちは、それぞれの個性を認め合い、十分なコミュニケーションを心掛けることで、快適で働きやすい職場を築きます。
3. 私たちは、常に自己研鑽に励むとともに、自らの能力を最大限発揮して職場が自己実現の場となるよう努めます。
4.私たちは、全社員が安心して働けるよう、安全で健康的な職場環境を整えるともに、明るく快適な職場づくりに取り組みます。

<取引先に向けて>
1. 私たちは、長期的な事業継続をもとに相互に信頼を構築し、共に発展するよう努めます。
2. 私たちは、法令を順守した公正かつ自由な取引を行い、取引先企業から信頼される企業であり続けます。

<株主に向けて>
1. 私たちは、株主利益を守り、長期的な成長と企業価値を高める活動を行います。
2. 私たちは、事業・財務状況や成果を適時かつ適正に開示します。

<地域社会に向けて>
1. 私たちは、人々の豊かな生活を継続的に維持・実現できるために、効果的な情報技術の活用を提案・支援します。
2. 私たちは、情報技術の進化を的確に捉え、進化に即したサービスを提供し続けます。

スローガン

環境や人に優しい持続可能社会の実現に向け、革新的技術の導入を試み、世の中で活躍できる技術集団を目指します。
私たちは適正な利益を確保し、企業・社員がともに発展する礎を構築します。
常に技術の進化を捉え、より良い社会の実現に貢献します。
情報技術を次世代のイノベーション実現に活用します。

株式会社ヴィッツ

© WITZ Co.,Ltd.