機能安全対応ソフトウェアの開発支援

ソフトウェア部位について機能安全に対応した開発を請け負います。

当社は、SIL3&ASIL-D対応の機能安全プロセスを構築済みであり、国際認証機関 TÜV SÜDからプロセス認証を取得した実績があります。

また、機能安全規格に準拠した開発を多数実施してきた経験があります。機能安全プロセス構築の手間削減、機能安全開発プロセスへの慣れの面で、 コストを大幅におさえた開発が可能です。また、弊社では機能安全開発プロセスについての責任を持っておりますので、お客様側の受入検証コストを大幅に削減することができます。

何故なら、プロセス認証を取得していない企業に委託した場合、未認証プロセスで作られたエビデンスは全て信用できないため、全工程の開発プロセスを見直す必要があります。受入検証には、一から作り直しに近いくらいの手間がかかるでしょう。

プロセス認証を取得済みの企業に委託する場合、その企業が開発プロセスについての責任を持ちますので、受入検証コストが大幅に少なくて済みます。

株式会社ヴィッツ

© WITZ Co.,Ltd.