リアルタイムOS

Owls-AUTOSAR

Owls-AUTOSAR

概要

「AUTOSAR OS仕様R4.0.3」に準拠したリアルタイムOSです。Owls -AUTOSAR Package-と接続実績のある周辺モジュールや設計ツールを提供するサプライヤと連携することにより多くのニーズにお応えします。

コンセプト

AUTOSAR OS仕様のあいまい箇所について、研究開発におけるノウハウを活かした実装仕様を定義し、不明な振る舞いを明確化しています。また、自動車制御用リアルタイムOSであるため、リアルタイム性・ローエンドマイコン動作可能(外部リソース不要)・構成およびスケールの静的生成・ランタイムなメモリ保護を重要視して開発しています。

ソフトウェア構成

ソフトウェア構成

性能
ROMサイズ 27,228Byte
RAMサイズ 196Byte(スタックサイズを除く)
タスク起動時間 11.716usec(48MHz)
対応ターゲット
テセラテクノロジー社製 EB-850・FL4H(V850E2M/FL4)

※その他お客様指定環境に移植いたします

販売価格
品目 価格
ライセンス費 300万円(SC1:製品フリーライセンス)
600万円(SC3:製品フリーライセンス)
移植費 移植費用:概算600万円(SC1)・1500万円(SC3)
※移植対象や移植内容により個別に御見積いたします
※本価格はOSのみの価格になります
年間保守サポート費 100万円(1年間:100時間相当)

株式会社ヴィッツ

© WITZ Co.,Ltd.