リアルタイムOS

Owls-Safety

Owls-Safety

概要

Owls-AutomotiveまたはOwls-Industrialを機能安全プロセスにて開発したリアルタイムOSです。故障検出を支援するライブラリや、認証取得に必要なドキュメントを含めたパッケージとなっております。

コンセプト

◆故障検出ライブラリ(FDDL)の提供により、アプリケーションによる故障検出を容易に実現可能。
◆機能安全開発プロセス(SIL3/ASIL-D)にて開発済のため、認証に必要な開発作業を軽減可能。
◆国際認証機関によるコンセプトレベル審査済。また、システムレベルでの安全分析を実施済。
◆Owls-Industrial Package-のサブセット機能またはOwls-Automotive Package-同等機能の提供により、汎用的なアプリケーション開発が可能。
◆ハードウェア構成の変更により広範囲のSIL/ASILに対応可能。
◆セーフティマニュアルにより故障モードへの対策方法を提示。

ソフトウェア構成

ソフトウェア構成

性能
ROMサイズ 17,335Byte
RAMサイズ 556Byte(スタックサイズ除く)
タスク起動時間 6.087usec(60MHz)
販売価格
品目 価格
ライセンス費 2,000万円(製品フリーライセンス)
移植費 移植費用:概算3,000万円(Kernelおよび故障検出ライブラリ)
※移植対象や移植内容により個別に御見積いたします
年間保守サポート費 100万円(1年間:100時間相当)

株式会社ヴィッツ

© WITZ Co.,Ltd.