ソフトウェアプラットフォーム

機能安全対応ソフトウェアプラットフォーム

概要

TÜV SÜDによる機能安全プロセス認証を取得した実績のある弊社開発プロセスにて開発したソフトウェアプラットフォームを提供いたします。

特徴

◆機能安全プロセス(IEC 61508 SIL3またはISO 26262 ASIL-D)にて開発
◆Seooc開発をご要望される場合、ソフトウェアプラットフォームの安全コンセプトから開発
◆ソフトウェア安全分析により、安全要求の安全性を評価
◆安全マニュアルによりソフトウェアプラットフォームの危険な使用を抑止
◆安全要求に従い、必要な故障検出診断機能を開発
◆トレーサビリティにより仕様・設計・実装・テストの整合性を明示
◆開発部署から独立した第3者部署による一致性検証・機能安全監査・確証レビュー・機能安全評価を実施

サービス内容

国際標準仕様であるAUTOSAR BSWや、お客様カスタムなソフトウェアプラットフォームなど、お客様要望を満たすソフトウェアプラットフォームを、機能安全プロセスで開発します。

価格

開発対象により個別に御見積いたします。

株式会社ヴィッツ

© WITZ Co.,Ltd.