電気・メカ部品のISO 26262対応支援

現在車載開発されている企業様にとって、ISO 26262対応は既に必須になっています。これは部品ベンダー様にとっても一律該当し、上位企業様からISO 26262対応部品とすることを要求されるようです。

機能安全規格は、電気・電子・プログラマブル電子を対象にしています。そのため、基本的には「メカ部品」は対象外です。しかし、メカ部品と言っても特性によってさまざまであり、例えば電気を扱っているメカ部品も存在し、規格解釈上非常にやっかいです。これに適切に対処するには、機能安全を独立したものとして扱うのではなく、機械安全(ISO 12100等)~機能安全 の流れを通して、しっかりと安全策を考える必要があります。

本プロジェクトでは、このようなメカ部品ベンダー様からの依頼を受け、メカも含めたシステムレベルで安全分析を実施し、メカ部品の故障の影響分析と安全策を検討し、故障率の基準への対応を行いました。

また、近年、コントローラを搭載して高性能な部品を実現する動きが増えています。本プロジェクトでは副次的効果として、将来コントローラを搭載した場合に対処すべき知見も提供することができました。

それ以外にも、これらの活動の最中には、弊社の豊富な機能安全設計経験・知見・改善ノウハウを踏まえて、さまざまなコンサルティングも無償で実施させていただきました。

お客様 メカ部品ベンダー様
支援規模 支援期間 2ヶ月間/1名
関連技術 機能安全(ISO 26262)、システムFMEA

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

株式会社ヴィッツ
〒460-0008 
名古屋市中区栄2-13-1名古屋パークプレイス 1F
TEL (052)220-1218 / FAX (052)218-5855