機能安全規格に適合した独立性検証支援

欧州・米国向けに出荷が必要なため、機能安全規格適合の製品開発が必須となっています。機能安全では、独立組織によるプロセス監査が必要であること、品質・安全説明力が必要であることから、開発から独立した立場から検証することが望ましいです。しかしながら、品質・安全を示すためのエビデンスをどのように作成すれば十分かは、機能安全規格には何処にも記載されておらず不明確なことが大きな課題です。

弊社では、多数の認証プロジェクト経験を通して習得した国際認証機関が求めている必要な目的と対応方法のレベル感を踏まえて、お客様や弊社内の開発チーム向けに、要望の機能安全規格に合わせた独立性検証を多数実施してきました。中には、認証機関に提出する前の ”模擬アセスメント” として活用いただくこともあります。また、不備の改善支援も併せて対応させていただくことが多いです。

お客様 自動車関連サプライヤ企業様、産業機械関連メーカー様、サービスロボットメーカー様、社内開発チーム、他
支援規模 支援期間 1ヶ月~3ヶ月/3名
関連技術 機能安全(ISO 26262、IEC 61508、ISO 13849、ISO 13482、IEC 62061、EN 50129、IEC 61784、IEC 62278、IEC 62280、ISO 14971、ISO 25119、IEC 60730、IEC 60335、DO-178C、他)

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

株式会社ヴィッツ
〒460-0008 
名古屋市中区栄2-13-1名古屋パークプレイス 1F
TEL (052)220-1218 / FAX (052)218-5855