Safety Office X (SOX)

機能安全開発ツールを一つに
シームレス環境により開発効率UP

Safety Office X(SOX)は、機能安全開発のコンセプトフェーズ、システムフェーズ、HWフェーズ、 SWフェーズの設計工程(一部)、および安全分析をまとめてサポートします。 SOXは、全世界で使用されており、大手自動車部品サプライヤにも本格導入され、機能安全分析・設計統合ツールの決定版とも言えるでしょう。

※SOX:ドイツEnCo Software社(ドイツ ミュンヘン)製ツール
※株式会社ヴィッツはSOXの販売代理店(国内)担当

機能概要

●要求定義、設計をサポート

製品のアイテム定義、機能安全コンセプト、機能安全要求、技術安全コンセプト、技術安全要求の作成をサポートします。

●機能安全分析をサポート

ハザード分析、リスクアセスメント、FMEA、FTA、FMEDAをサポートします。

●開発データを一元管理

要求、設計情報、ダイアグラム、安全分析結果など、各工程開発データを同一データベースとして管理します。 これにより、工程間においてデータの再利用が可能となり、データ再入力が省略できます。 また、工程間においてデータ一貫性が維持されます。データを変更(修正)した際、他工程と共有するデータが存在する場合、自動的に反映されます。

●安全分析データを自動生成

SysML/UMLライクなダイアグラムからFMEAを自動生成することができます。 また、FMEAからFTAを自動生成することができます。

●IEC62380、SN29500のHW故障率カタログデータベース内蔵

HW故障率のカタログをデータベースとして内蔵していることにより、 HWコンポーネントの故障率計算をサポートします。

●グラフィカルなトレーサビリティ管理

要求をドラッグアンドドロップすることでトレーサビリティ情報を作成します。

●対応する安全度水準

ISO26262(ASIL)
IEC61508(SIL)
ISO13849(PL)

Ver3.0 製品版追加機能

Ver 3.0 製品版がリリース(2017/2/20)されました。
Ver 3.0 では以下の機能が追加されました。

●マルチユーザ機能

クライアントサーバ環境構築により、複数人で同一プロジェクトを同時に編集することができます。

●影響分析サポート機能

機能および故障モードを変更した際、変更内容が影響をおよぼす箇所を表示します。

●SysML/UML記述機能

SysML/UMLによるモデリングをサポートします。
※一部未サポート

●変更履歴

ドキュメントの変更をすべて記録します。

●プロジェクトのエクスポート

指定した日付のプロジェクトをエクスポートすることができます。

●トレーサビリティマトリックス

工程間データのトレーサビリティ情報をマトリックス表示します。

●ASILデコンポジションサポート機能

設計エレメントのASILデコンポジションをサポートします。

モジュール

SOXは、複数のモジュールで構成されています。用途に合わせてモジュール単位購入が可能です。

モジュール名 用途
REQUIREMENTS 要求定義
HAZARD & RISK ANALYSIS ハザード分析&リスクアセスメント
SYSYTEM DESIGNER UML/SysMLによるモデリング
FMEA FMEA
FTA FTA
FMEDA FMEDA
BOM ハードウェア部品の故障率を計算

SOXのISO26262カバー範囲

SOXのモジュールとISO26262の対応関係を示します。

主な仕様

最新バージョン SOX Ver3.0.3
システム要件 OS Microsoft Windows 7/8/10 (64-bit)
※32bitはご要望に応じて対応します。
メモリ容量 4GB(最低)
8GB(推奨)
ハードディスク容量 500MB

試供版

Ver3.0 試供版を無償配布しています。ご要望の方はお問い合わせください。

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

株式会社ヴィッツ
〒460-0008 
名古屋市中区栄2-13-1名古屋パークプレイス 1F
TEL (052)220-1218 / FAX (052)218-5855