サービスロボットの安全コンセプト構築支援

欧州・米国向けに出荷が必要なため、機能安全規格適合の製品開発が必須となっています。サービスロボットに分類される製品の場合、専用の機能安全規格ISO 13482への適合が必要です。
本プロジェクトは、弊社のサービスロボットや類似の産業機械(工作機械、建設機械)の機能安全開発経験を踏まえて、短期間でISO 13482対応の安全コンセプトの構築に成功した事例として紹介します。

一般的には、安全コンセプトの構築を初めて行う場合、2~3人体制×1.5~4年間(3千万円~1.2億円相当)もの費用を要します。
本プロジェクトでは、実施経験や合格基準を熟知した弊社が開発を実施することで、効率的かつ手戻りを最小限に実施することができ、お客様0.5人、弊社2人の体制で8ヶ月間で完了できました。

本プロジェクトでは、弊社は以下を実施しました。

  • ハザード分析&リスクアセスメントの実施
  • 安全コンセプト文書の作成
  • 安全要求仕様書の作成
  • 安全マニュアルの作成
  • 安全分析の実施

また、これらの活動の最中には、弊社の豊富な機能安全設計経験・産業機械における機能安全開発経験・知見・改善ノウハウを踏まえて、さまざまなコンサルティングも無償で実施させていただきました。

お客様 サービスロボットメーカー様
支援規模 支援期間 8ヶ月間/2名
関連技術 機能安全(ISO 13482、ISO 13849、IEC 62061、IEC 61508)、ハザード分析&リスクアセスメント、システムFMEA、安全コンセプト

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

株式会社ヴィッツ
〒460-0008 
名古屋市中区栄2-13-1名古屋パークプレイス 1F
TEL (052)220-1218 / FAX (052)218-5855