自動運転センシング技術

概要

ヤマハ発動機が開発した自律運転車両を積雪路面対応にする研究を実施中。
セマンティックセグメンテーション技術、センサーフュージョン技術を活用。
“自動運転の基盤技術”として提供する。


(左)セマンティックセグメンテーション技術 (右)人工知能 を用いた環境認識技術


積雪環境でのセンサーデータ取得状況

(左)センサーフュージョン技術 (右)複数センサーを組み合わせた物体認識技術

活用事例

センサーフュージョン技術*1や、セマンティックセグメンテーション技術*2は、自動運転のみならず、様々な分野で活用。

*1:検出原理の異なる複数のセンサ(可視光カメラ、ミリ波レーダ、LiDAR、GPS、赤外線カメラ等)を組み合わせ、検出対象物の認識性を高める技術。
*2:教師データを使用し深層学習で得た環境データから検出対象物を認識する技術。

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

株式会社ヴィッツ
〒460-0008 
名古屋市中区栄2-13-1名古屋パークプレイス 1F
TEL (052)220-1218 / FAX (052)218-5855