2015.06.30
イベント情報

「農業機械の国際規格適合 無料セミナー〜ISOBUS&機能安全ISO 25119〜」を開催します

主催:株式会社ヴィッツ、株式会社アトリエ、アーク・システム・ソリューションズ株式会社

パンフレットのダウンロードはこちら

開催概要

概要

近年の農業機械は、電子制御化による作業の高度化がされつつあります。それに伴い、国際規格への適合も必要となりつつあります。

1つは通信制御方式の国際標準 ISO 11783(ISOBUSを含む)への対応です。トラクターと作業機の完全統合を可能にするインターフェースを規定しており、 メーカ間の相互接続性を担保することで利便性を向上させることができます。

もう1つは農業の機能安全規格 ISO 25119への適合です。近年、欧米・アジアを中心に、産業機械・建設機械・自動車・鉄道・航空機・医療機器・ガス機器・サービスロボットなど、あらゆる組込み機器において、 機能安全規格への適合が加速しつつあります。トラクター・作業機など農業機械においても、今後適合が必要となるでしょう。

本セミナーでは、平成26年度 経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業採択「農業機械のさらなる高度化と海外進出に資する次世代電子制御ソフトウェア基盤の開発」プロジェクトの研究成果を踏まえて、 ISOBUSと ISO 25119に関して解説いたします。

開催日程 2015年7月17日 13:30~16:30 (受付 13:10)
タイムテーブル

■13:30~13:35
開会の挨拶

■13:35~14:25
「乗り遅れるな!!
作業機のISOBUS対応で制御の高度化と農生産コストの削減を実現」
株式会社ヴィッツ 先進技術開発部 札幌事業所 所長
兼 本プロジェクト 総括研究代表者 和田 学

■14:25~14:55
「国際的に当たり前になりつつある機能安全とは?」
株式会社アトリエ 取締役 水口 大知

■15:10~16:10
「農業機械向け機能安全規格 ISO 25119の解説」
株式会社ヴィッツ 機能安全開発部 杉浦 正直

■16:10~16:25
「農業機械向け研究事業の活動紹介」
アーク・システム・ソリューションズ株式会社
兼 本プロジェクト 副総括研究代表者 藤村 博秀

■16:25~16:30
閉会の挨拶

開催場所 TKP札幌駅カンファレンスセンター カンファレンスルーム 2C
札幌市北区北7条西2丁目9 ベルヴュオフィス札幌2階
地図
最寄り駅 札幌市営南北線 さっぽろ駅 16出口 徒歩1分
費用 無料
対象者 ・農業機械で今後必要とされる国際規格について、内容を把握したい方
・農業機械に関する我々の研究事業の活動成果について、内容を把握したい方
定員 50名
申込方法 こちらよりお申込みください。(申込期限:7月9日(木))
後援 北海道農業機械工業会
農研機構北海道農業研究センター
北海道大学 産学・地域協働推進機構
苫小牧工業高等専門学校

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

株式会社ヴィッツ
〒460-0008 
名古屋市中区栄三丁目3番21号セントライズ栄6階
TEL (052)220-1218 / FAX (052)218-5855